四国88 カ寺巡拝の旅(「発心の道場」の巻[後半])

では、発心の道場として阿波(徳島)23 カ寺のうち、後半として第12 番札所から見てまわります。


第12番札所摩盧山(まろさん)焼山寺(しょうさんじ)

本尊 虚空蔵菩薩

ご詠歌 後の世を思えばくぎょう焼(しょう)山寺(さんじ) 死出(しで)や三(さん)途(ず)の難所ありとも

本堂

焼山寺は四国遍路阿波の道中で、最も厳しい難所と言われ、標高800㍍の地点にある。徒歩参拝の場合、すなわちお遍路さんは山道を13㌔も歩かねばならない。我々は里にある「おへんろ駅」でマイクロバスに乗り換え、山上の駐車場へ向う。楽チンだが、これでご利益があるのか疑問を感じる。でも参道からの眺めは絶景である。
伝説
この山には大蛇が棲み村人を苦しめていた。弘法大師が山に登ると、大蛇は火を吐き、山を焼いて大師の行く手を拒んだ。大蛇は大師の祈りで岩屋に封じ込められたと伝えられるが、これが寺号焼山寺のゆわれである。


第13番札所大栗山(おおくりやま)大日寺(だいにちじ)

本尊 十一面観世音菩薩

ご詠歌 阿波の国一の宮とはゆふだすき かけてたのめや此の世後の世

一の宮神社 しあわせ観音

第4番札と同じ名の大日寺。この寺の向えに阿波の国一の宮神社がある。本来はこの神社が霊場で大日寺が別当寺だったが、歴史の流れで今は大日寺が霊場となったそうである。
二本の門柱を入った正面に本坊があり、この前に、合掌した手のひらの形をした光背の中に安置されている「しあわせ観音」がある。


第14番札所盛寿山(せいじゅざん)常楽寺(じょうらくじ)

本尊 弥勒菩薩

ご詠歌 常楽の岸にはいつかいたらまし 弘(ぐ)誓(ぜい)の船に乗り遅れずば

あららぎの大師さま

本尊は弥勒菩薩で、四国88 カ寺霊場では唯一、「未来仏」とか。この菩薩は弘法大師の御本地とされる。納経帳に書かれる弥勒菩薩の種字(梵字)とお遍路さんの書かれる笈摺の背中に書かれた弘法大師の種字は同じになっている。
アララギの大樹の枝の股に弘法大師の石像が乗せられている。この石像が「あららぎの大師さま」である。
バスツアーに同乗される先達者は女性の方や男性の方がおられる。今回の先達者は神戸在住の方であった。


第15番札所薬王山(やくおうざん)国分寺(こくぶんじ)

本尊 薬師如来

ご詠歌 薄く濃くわけわけ色を染めぬれば 流転(るてん)生死(しょうじ)の秋のもみじ葉

天平13年、聖武天皇が国家太平、万民農楽を祈願して全国に国分寺66 カ寺を建立した。四国には4 カ寺ある。
山門右手の大師堂は火災で焼失したので、本堂横の烏枢沙麾(うすさま)明王堂が大師堂を兼ねている。
烏枢沙麾明王堂の横に大師堂基壇がある。


第16番札所光耀山(こうようざん)観音寺(かんおんじ)

本尊 先手観世音菩薩

ご詠歌 忘れずも導きたまえ観音寺 西方(さいほう)世界(せかい)弥陀(みだ)の浄土(じょうど)へ

本堂

ここの観音寺、呼び名は「かんのんじ」でなく、「かんおんじ」である。
道沿いに立っている鐘楼門を入った正面に本堂、右手に大師堂がある。
鐘本堂外陣の暗がりには、炎と煙に包まれながらもがき苦しむ遍路の女性を描いた絵がある。この人は遍路の途中この寺で大やけどをおった。日常生活で不幸を重ねていた戒めと考え、この絵を寺に奉納したという(明治17年の話)。
四国遍路は罪障消滅の旅とも言われる。


第17番札所瑠璃山(るりさん)井戸寺(いどじ)

本尊 七仏薬師如来

ご詠歌 おもかげをうつして見れば井戸の水 むすべば胸のあかや落ちなむ

井戸

井戸寺は吉野川と鮎喰川に挟まれた平野の真ん中にある。
弘法大師がご巡鍚の祭、水不足に苦しむ民の為に井戸を掘られたところ清水が湧き出したと伝えられ、これが寺号のゆえんで、井戸は日限大師堂の中にあり、その水面に自分の顔が映れば願いがかなうとか。
本堂に祀られる本尊は『薬師瑠璃光七仏本願功徳経』に説かれる善名称吉祥王如来、宝月智厳光音自在王如来、金色宝光妙行成就如来、無量最勝吉祥如来、法海雷音如来、法海勝慧遊戯神通如来、薬師瑠璃光如来(薬師如来)という七尊の仏で、通称「七仏薬師」と呼ばれる。参拝すれば、ご利益も七倍あるかな。


第18番札所母養山(ぼようざん)恩山寺(おんざんじ)

本尊 薬師如来

ご詠歌 子を産めるその父母の恩山寺 訪(とぶら)ひがたきことはあらじな

この寺は本来、「大日山蜜巌寺」といったが、弘法大師がその母である玉依御前に孝養を尽くされた寺であることから、恩山寺と呼ばれるようになったと伝えられる。
大師堂横にある「御母公堂」は玉依御前が剃髪した際の髪が納められている場所と言われる。


第19番札所橋池山(きょうちざん)立江寺(たつえじ)

本尊 延命地蔵菩薩

ご詠歌 いつかさて西のすまいのわが立江 弘(ぐ)誓(ぜい)の舟に乗りていたらむ

立江寺の仁王門をくぐって左手に本堂がある。中庭を挟んで向いに大師堂がある。
立江寺は、阿波の「関所寺」としても名高い。
よこしまな者や罪人が参拝すると、罰を受けるとされている。大師堂の脇に「黒髪堂」がある。お堂の中には人間の髪の毛の束が祀られている。この毛髪は、江戸時代の石州浜田のお京という女性のもので、愛人と共謀して夫を殺害したお京が立江寺の本堂でお参りしようとすると、髪の毛が鰐口の緒に絡まり、肉もろともに剥がされてしまったと伝えられる。


第20番札所霊鷲山(りょうじゅざん)鶴林寺(かくりんじ)

本尊 地蔵菩薩

ご詠歌 しげりつる鶴の林をしるべにて 大師ぞいます地蔵(じぞう)帝釈(たいしゃく)

 

弘法大師が修行中、この山を訪れると黄金を放つ地蔵菩薩像を二羽の鶴が守護していたそうな。大師は、霊木に地蔵菩薩を刻み、その体内に黄金像を納め祀りこの地を霊場とされたと伝えられる。
仁王門には、運慶作と伝えられる金剛力士像と共に二羽の鶴の木像が安置されている。本堂前にも二羽の鶴の銅像が安置されている。


第21番札所舎心山(しゃしんざん)太龍寺(たいりゅうじ)

本尊 虚空蔵菩薩

ご詠歌 太龍の常にすむぞやげに岩屋 舎心門持(しゃしんもんじ)は守護の為なり

龍天井

阿波の難所の一つ、太龍寺も平成4年にロープウェイが開通して楽になった。
太龍寺は、「西の高野山」と称されるように老杉茂る山中の境内に諸堂が林立する。
ロープウェイ山上駅から階段を登ると、黒門をへて本堂にいたる。
本尊は虚空蔵菩薩で、大師がこの地で行った虚空蔵求聞持法と呼ばれる修行の本尊となる菩薩である。求聞持法(グモンジホウ)とは一心不乱に虚空蔵菩薩の真言を100万回唱えるというもの。
大師堂の裏手に御廟がある。これは高野山奥の院と同じ造になっている。


第22番札所白水山(はくすいさん)平等寺(びょうどうじ)

本尊 薬師如来

ご詠歌 平等に隔てのなきと聞く時は あら頼(たの)もしき仏(ほとけ)とぞみる

弘法大師は、薬師如来と井戸水の霊験が平等に行き渡り、万人が救われるようにと寺の名を定めたと伝えられる。
境内から本堂や不動堂に行くに石段があるが、右側の石段は男坂といい、左側の石段は女坂と言われる。男坂は傾斜が急だが、女坂は傾斜が緩やかになっている。男性は男坂、女性は女坂を登ると厄除けのご利益があるとされるが、なぜかバスツアー参拝者は男女を問わず先達さんの後について男坂を登っていく。
石段の登り口左手には、弘法大使が掘ったとされる霊泉の湧く井戸がある。


第23番札所医王山(いおうさん)薬王寺(やくおうじ)

本尊 厄除薬師如来

ご詠歌 皆人(みなひと)の病みぬる年の薬王寺 瑠璃(るり)の薬を与えまします

薬王寺は厄除けの霊場として名高い。
境内では諸堂を繋ぐように厄除坂の石段が続く。最初の石段は33段あって女性の厄除け。次の石段は42段あって男性の厄除け。さらに本堂から瑜祗塔(ユギトウ)への石段は61段あって還暦の人の厄除けとなる。
この寺の本尊は厄除薬師如来で、本堂には、前向きと後ろ向きの二体の薬師如来像が祀られている。文治四年(1188)、火災で諸堂が焼けたとき、本尊の薬師如来は光を放ちながらみずから西の玉厨子山に飛び去ったとされる。そして、本堂を再建して新しい本尊を奉安したところ、玉厨子山に避難されていた本尊がお戻りになり、後ろ向きに本堂にお入りになったと伝えられる。二体の薬師如来像は、そのときの新旧のご本尊さまである。
大師堂は改修中。


mhd@ へもどる